フリーランス美容師が急増中!?みんなどこで働いてるの?

2019.07.08

フリーランス美容師が急増中!?みんなどこで働いてるの?

GrandStorySalonについて

最近、ヘアサロンに所属せずに、個人でお客様と繋がる、フリーランスの美容師が増えています。SNSの普及、下積みに対する価値観など、美容師を取り巻く環境も急速に変化。それに伴い、ひとつのヘアサロンに縛られるのではなく、フリーランスという選択肢が増えたのです。「フリーランスに興味はあるけれど、どこでどうやって仕事をするの?」とイメージできない人へ、今回は〝フリーランス美容師の働く場所〟についてご紹介します。

『面貸しサロン』or『シェアサロン』

当然、美容師として仕事をするには、場所と鏡やシャンプー台などの設備が必要です。利用されている場所は大きく分けて、2つにカテゴライズできます。
まずは『面貸しサロン』と呼ばれる場所。利用する場合には、面貸しを行っているサロンに登録し、自分のお客様のほかにも、そのサロンに直接来るお客様も担当します。一般的に、自分のお客様なのかサロン紹介のお客様なのかによって、売上の中からお店に支払うパーセンテージが違うというシステムを採用している面貸しサロンが多いようです。もちろん、サロン紹介のお客様を担当する方がお店側に支払う金額が高く設定されています。

もうひとつの『シェアサロン』は利用登録をして、1時間あたりいくらというように、利用料金をサロンへ支払うシステム。カットなどの施術料金は自分で自由に決めることができ、そのすべてが自分の報酬になるのが特徴。場所によっては、美容師だけではなく、ネイリストやアイリストなども利用することができます。面貸しサロンよりも自由度が高いのがシェアサロン。その分、お客様をサロンから紹介してもらうことができないため、きめ細やかな営業活動も必要となりそうです。

シェアサロンを利用する主なメリットとは?

・固定サロンを辞めてもすぐに収入が得られる
・資金がなくてもフリーランスで活動できる
・設備のメンテナンスの必要がない
・好きな時間に働ける
・お客様のニーズに細かく対応できる
・人を雇う必要がない
・自分のペースで仕事ができる

自己資金がなくても、都心にプライベートサロンを構えたのと同じように働けるのが最大のメリットでしょう。かかる費用は、シェアサロンの利用料金のみというシンプルさも今後の見通しが立てやすいですね。フレキシブルな働き方ができます!

最上級の施術が叶うシェアサロン『GrandStory Salon』

『GrandStorysaron SENDGAYA』は東京メトロ副都心線「北参道駅」から徒歩1分とアクセスが良く利用しやすい。誰もが落ち着いて過ごせるよう、内装は白を基調にシンプルに仕上がりに。

『GrandStorysaron SENDGAYA』は東京メトロ副都心線「北参道駅」から徒歩1分とアクセスが良く利用しやすい。誰もが落ち着いて過ごせるよう、内装は白を基調にシンプルに仕上がりに。

シェアサロンのなかでも、クウォリティ&自由度が高いサロンが『GrandStorySalon』。
こちらは材料費込みの料金設定。会員登録料はもちろん更新料もありません。カードキーが発行されたら、SENDAGAYA (北参道)、DAIKANYAMAの2つのサロンが24時間365日利用可能になるため、好きな時間に予約ができます。
ヘア用のサロンスペースの利用料金は、9:00〜22:00の時間帯は1時間2,700円、22:00〜翌9:00の夜から朝にかけての時間帯は1時間1,800円。
カーシェアリングのシステムをモデルに考えられた、ビューティシェアサロンなのです。

GrandStory Salonはここが違う!

・24時間365日利用可能(利用は要予約)
・利便性の高い好立地
・備品や材料費込みの利用料金でわかりやすい(有料オプションなし)
・機器、備品や薬剤などのクウォリティが高い
・常駐スタッフがいないためプライベート感がある
・設備のメンテナンスが不要
【サロンにあるもの】
可動式のシャンプー台、タオル、ブラシ各種、シャンプー、トリートメント剤、カラー剤、パーマ剤、加温機、デジタルパーマ機、ホットカーラー、バックミラー、シャワークロス、ラップ、アルミホイル、輪ゴム、ロッド各サイズ、コールドペーパー、スケールなど

ハサミを持参するだけでOK。遠方からでも、出先からでもすぐに駆けつけて施術することができます。

『GrandStory DAIKANYAMA』のサロン内。2Fは、ネイルやエステ利用が可能なサロンスペース。リクライニング仕様の椅子は、施術内容に合わせて調整が可能。

『GrandStory DAIKANYAMA』のサロン内。2Fは、ネイルやエステ利用が可能なサロンスペース。リクライニング仕様の椅子は、施術内容に合わせて調整が可能。

ローラーボールなどの機器やパーマ剤やカラー剤などのほか消耗品は有料オプションになっているサロンが多い中、『GrandStorySalon』では、それら全てが無料で利用可能。しかも、こだわりのラインナップで、カラー剤は、木村直人氏が開発した発色と柔らかさを同時に表現できる「THROW/スロウ」を。ドライヤーは髪のうるおいを保つと評判の「レプロナイザー 3D Plus」を採用しています。

カードキー1枚で解錠できて、使用時間も管理できるため、サロンに常駐スタッフがいないのも特徴的。まるでマイサロンのように、気兼ねなくコミュニケーションできるので、お客様には、とてもリラックスしていただけることでしょう。

どんな人が利用しているの?

PCやスマホを使って、予約サイトから簡単に予約できます。利用開始時間と終了時間 (15分単位で予約可能)、施術内容を選択 (ヘアメイク、マツエク、ネイル、エステ)すればOK。

PCやスマホを使って、予約サイトから簡単に予約できます。利用開始時間と終了時間 (15分単位で予約可能)、施術内容を選択 (ヘアメイク、マツエク、ネイル、エステ)すればOK。

フリーランスの美容師以外にも、固定のサロンに所属する人が休日や就業後に利用するケースもあります。利用者の目的は、技術の向上のほかにも、サロンを挟まずにお客様とコミュニケーションをとることを含めて経験値を上げたいというもの。自分のサロンをオープン予定で、準備期間中にこのシェアサロンを利用して、顧客のカットをしているという人も。

また、東京以外のヘアサロンで仕事をしている人が、上京した際に利用することも。ハサミがあれば、カットもカラーもパーマもできてしまうのはとても便利ですね。

美容師以外にも、ヘアメイクアップアーティスト、アイリスト、ネイリストなど、1対1で行う美容に関する職業の人が利用しています。

お客様はどんな人が多い?

固定のサロンでなくても、お客様は抵抗がないのでしょうか?実際に『GrandStory Salon』を利用する人に聞いてみました。「ほかの人の目を気にせずに子連れで行きたい」「夫が帰宅後の遅い時間にしかカットに行けない」など、子育て中のお客様や、「スケジュールがギリギリにならないとわからない」といった忙しい人が利用。固定のサロンでは難しかった、深夜や早朝の利用もお客様側には追加料金なしに設定することもできるため、とても喜ばれているのだとか。

SNSで情報発信する美容師多くなったことで、以前にも増して〝人〟にお客様が集まる傾向が高まったため、固定の場所にとらわれず、お客様のニーズに応える必要性が生まれていることがわかります。

24H利用可能な『GrandStory Salon』は働く時間を自由にデザインできる場所です。ひとつの場所・時間に縛られずに、職業さえもひとつに絞らなくてもいいような、あなたらしい働き方に寄り添うシェアサロン。新たなステップを『GrandStory Salon』で実現してみませんか?

Join Us

メンバーに登録して、
自分らしいワーク&ライフスタイルを叶えよう

Contact

登録にあたって疑問などございましたら
お気軽にご質問ください。